第二新卒でコンサル業界へ転職する際の志望動機

ねこころです。

第二新卒で、未経験の外資系コンサルティングファームへ内定をいただきました。

コンサルティングへの転職の中で、必ず聞かれるものが志望動機です。

第二新卒の場合には、職務経験が短いことから、志望動機について、厳しい目で確認されることとなります。

今回は第二新卒の場合の志望動機について書かせていただきます。

第二新卒がコンサル業界への転職する際の志望動機

コンサルティング業界が、面接の際に詳しく質問を掘り下げられることは皆さんご存じかと思います。

第二新卒の場合には、さらに厳しく掘り下げられることとなります。

第二新卒の場合に特にNGな志望動機は以下の3つです。

  • 社会貢献がしたいから
  • コンサル業界にずっとあこがれていたから
  • 今の仕事はやり切ったので、新しい分野にチャレンジしたいから

それぞれについてみていきます。

社会貢献がしたいから

想定される質問:それほかでもできるよね?

面接では禁句といっても過言ではありません。

絶対に社会貢献というワードは口に出さないようにしましょう。

コンサル業界にずっとあこがれていたから

想定される質問:なぜ今その仕事しているの?

第二新卒は新卒の人との差別化が大切です。

したがって、憧れなどというぼんやりワードを出すことで、面接官の怒りを買い、厳しい質問攻めにあう可能性があります。

憧れと同様のNGワードは、「かっこいい」です。

新卒の時もコンサルティングファームを受けていた場合は?

新卒時代にコンサルティングファームの面接を受けて、通過できなかった人もいるかもしれません。

しかし、正直に告白することはNGです。

新卒の時にお見送りにされたことには必ず理由があります。

したがって、仮に面接において過去のお見送りを白状した場合、転職面接においても同様にお見送りとされるリスクを挙げることにすぎません。

なぜなら、社会人となり2~3年が経過したからといい、新卒時代のネックが解消される確率は非常に低いからです。

過去のお見送りを白状すること=自分の欠陥をアピールすること

マイナスにつながりますので、慎みましょう。

今の仕事はやり切ったので、新しい分野にチャレンジしたいから

第二新卒は働いた期間がとても短いです。

したがって、新しい分野にチャレンジする前に、足元を固めてくださいと言われる危険性が高いです。

言い換えできる?

言い換えとしては、今の仕事では携わることが出来ない分野まで手を伸ばし、より顧客に価値を提供したいと述べることが有効です。

これならば、探求心が強い人、顧客ファーストの人というイメージを与えることが出来ます

未経験の第二新卒にコンサルティング業界で求められる人物像とは?

志望動機を考えるうえで、自分に求められているものを把握することは必須です。

未経験の第二新卒の場合は、ポテンシャル採用が行われます。

したがって、以下の要素が求められます。

  • 論理的思考力
  • コミュニケーション能力
  • ハードワークに耐えられる体力・気力

志望動機を考える際にはこの3点も意識して行うといいでしょう。

第3者からのチェックは必ず

志望動機は必ず第三者にチェックしてもらいましょう。

そうすることで、痛いところを突かれて閉口するという事態を回避することが出来ます。

第三者は友人・家族はもちろんのこと、恥ずかしいという人はエージェントにお願いするといいと思います。



 

まとめ

第二新卒の人にとってのNG志望動機は以下の3つでした。

社会貢献がしたいから

コンサル業界にずっとあこがれていたから

今の仕事はやり切ったので、新しい分野にチャレンジしたいから

これを踏まえて、志望動機を考え直してみてください。

皆さんの転職活動に幸あれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です