ケース面接でのフレームワークは最低限これだけ

ねこころです。

第二新卒で、未経験の外資系コンサルティングファームへ内定をいただきました。

ケース面接では様々な解法がありますが、その中でも安定的な答えを導きだせるものがフレームワークです。

今回はフレームワークについて解説していきます。

ケース面接でのフレームワークは最低限これだけ

9割がケース面接で落ちる

コンサルティングファームは書類審査・筆記試験を通過することも大変ですが、そのあとのケース面接も大変なものです。

最近はケース面接対策用の書籍なども流通しており、ケース面接慣れしている人も多いです。

しかし、大半の候補者は話を論理的に展開することができず、結果としてケース面接で落ちています。

約9割の人がケース面接で落とされるようです。

フレームワークを使用することで論理的に話を展開できる

フレームワークを使用することは、面接官の方からすると、ありきたりなものとなります。

しかし、フレームワークを使うと、論理的に穴のない理論展開が可能です。

ケース面接では、穴のない展開が出来れば合格なのです。

ここで、最低限押さえるべきフレームワークは以下の2つです。

  • 3C
  • 4P

知ってる~というかたもいるかもしれませんが、確認の意味で、使い方をおさらいしていただけますと幸いです。

3C

3Cとは、「市場(customer)」「競合(competitor)」「自社(company)」の頭文字をとったものです。

戦略コンサルティングの実地においても、知見の少ない業界について初期的な分析を行う際には、3Cに沿って分析をしているのです。

したがって、3Cに沿った分析は不可欠です。

3Cを用いることで、外部環境として市場と競合を分析し、内部環境として自社を分析することが出来ます。

それぞれ、具体的に分析すべきことは以下の通りです。

市場

市場規模と成長性を分析

競合

競合の分散度と特徴を分析

自社

4P(製品、価格、チャネル、プロモーション)を分析

こうすることで、外部環境および内部環境についてMECEに分析することが可能です。

図に表すと以下のようになります。

4P

4Pとは、マーケティング戦略の立案・実行プロセスの1つである、マーケティング・ミックスに関連する要素であり、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(販売促進)の頭文字をとってまとめられるものです。

それぞれ、具体的に分析すべきことは以下の通りです。

Product(製品)

顧客ニーズを満たすための製品はどんなものか、製品を通して提供できるメリットは何かなどを分析します。

Price(価格)

顧客が購入してくれる価格なのか、原価からの利益を確保できるかなどを分析します。

Place(流通)

ターゲットとなる顧客に届く流通となっているかを分析します(インターネットにて出店するか、百貨店などの実店舗を持つか)。

Promotion(販売促進)

情報を確実にターゲット層に届けるという観点から、発信メディアや市場に流す情報、そしてプロモーションにかける予算を分析する必要があります。

図に表すと以下の通りです。

 

まとめ

ケース面接に対して、最低限押さえるべきフレームワークは以下の2つです。

  • 3C
  • 4P

ケース面接については、多く練習すればするほど論理的な思考展開が可能となります。

通常の面接と違い、録画を行うことにより練習することはできません。

エージェントの中には練習相手をしてくださるところもあります。



 

 

皆さんの転職活動に幸あれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です