逆質問で聞いてはいけないことまとめ【面接】

ねこころです。
今回はコンサルティングファームの逆質問について書かせていただきます。

聞くべき質問

スキルについて

スキルについて聞くことで、意欲を示すことができます。
そして、何より、内定を獲得した暁にはよりよい人材としてスタートダッシュを切ることができます。

  • 自分のこのスキルは役に立つか
  • この仕事で最も求められる素質は何か
  • 今の自分に足りないスキル・求めるスキルは何か。

競合ファームとの違い

競合ファームとの違いを聞くことで、企業への理解を深め、次回の面接に色を付けることができ一石二鳥です。

  • 貴社は最近、戦略だけでなく、実行にも力を入れていると聞くが、実際にはどうか。
  • 他社はシステムの導入に力を入れているが、貴社はどうか。
  • コンサルティングファームの広告会社の買収の話を聞くが、これから広告関係の仕事も増えるか。

ベタだけど会話が詰まるもの

会社で働く人物について聞く

この質問をすることで、具体的な職場のイメージを持てるかと思います。

  • 具体的にどんな人物が活躍していますか。
  • 転職したのちに成功している人物はいますか。

ただ、その回答を聞いた後に、「まさに私がそういう人物です」というわけにも行かず、なんとも気まずい時間が流れてしまいます。
1次面接で聞くのは問題ないかと思いますが、あまり多用はできない質問なのではないでしょうか。

活躍している人物は、だいたい「好奇心旺盛な人」です…。

聞いてはいけない質問

逆質問しないことは最たるNG

逆質問しないことは最もNGです。
逆質問は必ず1問はしましょう(悪立ちしてしまいます)。

ハイ、いいえ、で答えることができる質問

これも会話に詰まりますし、聞いた後に
「…で?」
感がとても強くなります…
聞きたいことがある際のクッションとしてはいいかと思いますが、要注意です。

福利厚生に関する質問

福利厚生に関する質問もあまり好ましくありません。

  • 家賃補助は?
  • 昇給やボーナス支給は?
  • 残業時間はどのくらいですか?

などです。

女性は特に気を付けて

女性の場合、

  • 女性比率はどのくらいですか
  • 女性で活躍している人もいますか
  • 子育てしながら働いている方はいますか

などの質問が想定されるかと思います。
ねこころもこの質問をPwCのときにしてしまったのです…。

女性の活躍について気になるところはありますか?

面接官

ねこころ

女性で活躍している人もいますか
あ、それも気になりますか…(がっかり)

面接官

という空気に耐え切れず、結果福利厚生の説明につながりました(そしてお見送り…)

最後に

逆質問は面接の中で自分の積極性をアピールできる大切な機会です。
面接の際には必ず5問は用意することが好ましいかと思います。

お役に立てれば幸いです。

ねこころでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です