面接NGワードまとめ 即お見送りリスク有

ねこころです。

今回は面接において行ってはいけないNGワードについてまとめました。

就職・転職において、面接は不可避といっても過言ではありません。

理由はわからないけど面接に落ちてしまったという経験をした方はいらっしゃいませんでしょうか。

もし、理由はわからないけど落ちたという経験をしたことがある方に読んでいただければと思います。

どこかに心当たりはありませんでしょうか。


面接NGワードまとめ 即お見送りリスクもあり!

就職活動・転職活動を通じて面接を何回も受けたけれども、受かった原因・落ちた原因ともにわからないという方はいらっしゃいませんか?

理由はわからないけど落ちたということに心当たりがある方については、面接中に、面接官の方を怒らせる言葉を発している可能性が高いです。

面接の場はコミュニケーションの場

面接について、「自分をプレゼンする場である」と考えている方はいませんでしょうか。

その考えは大間違いで、面接とは、「面接官とコミュニケーションを取り合い、会社とあっているか・能力は十分かを確認しあう場」なのです。

したがって、面接の中で一番大切なことは、面接官とうまくコミュニケーションをとることです。

ここで、面接官を怒らせてしまうNGワードとして、以下の言葉が挙げられます。

  • 「コミュニケーション能力には自信があります」
  • 「人に感謝される仕事がしたい」
  • 「社会に役立つ仕事がしたい」
  • 「ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい」

それぞれについて、解説していきます。

「コミュニケーション能力には自信があります」

この言葉は、ずばり地雷です。

面接の相手となっているのは、数多くの面接をこなした人事の方、もしくは現場でお客さんとの交渉を数多く行ってきた管理層の社員や経営者です。

これらの人は、日々コミュニケーション能力を磨くことに精進しており、多くの困難や苦労を通じて磨かれたコミュニケーション能力は計り知れません

そのような人を前に、「コミュニケーション能力には自信があります」ということにより、

ねこころ

そんなに簡単にコミュニケーション能力を得ることが出来るか~!

と、怒りをかってしまう可能性が非常に高いです。

「どういうところからそう言えるの?」

「コミュニケーション能力が高いって何?」

などと、怒りを買うのみならず、意地悪な切り返しをされる可能性が大きいです。

言い換えポイント

コミュニケーション能力が高いということは、以下のいずれかに分類されると思います。

  • 単におしゃべりが好き、人見知りをしない
  • アウトプット能力が高い
  • プレゼンテーションが得意

これらのいずれかに言い換えることで、面接官の怒りを掻き立てることなく、面接も進むものと考えられます。

 

「人に感謝される仕事がしたい」

「人に感謝される仕事がしたい」という言葉がNGの理由は、どんな仕事でも、何らかの形で社会の役にたち、人を助け、まわりまわって感謝されるためです。

みんな頭の中ではわかっているとは思うのですが、このような発言をしてしまう人がいます。

言い換えポイント

つまるところ、「人から感謝されることを実感できる仕事がしたい」「人から直接感謝される仕事がしたい」ということに落ち着くのです。

したがって、このように言い換えを行うことが望ましいです。

「社会に役立つ仕事がしたい」

「社会に役立つ仕事がしたい」という言葉についても「人に感謝される仕事がしたい」という言葉と同様に、「社会の役に立っていることがダイレクトに伝わる仕事がしたい」という意味に落ち着きます。

この言葉は、このようにダイレクトを強調して、言い換えればOKかというと、そうではありません。

場面によっては、言い換えたところで面接官の気持ちを逆撫でする可能性がございます。

「社会の役に立っていることがダイレクトに伝わる仕事がしたい」といっても面接官の気持ちを逆撫でする可能性があるのは、より大きい規模の会社に転職をしようと考えている場合です。

その場合、会社の規模=社会への貢献度と考えているように受け止められてしまう可能性があり非常に危険です。

言い換えポイント

社会に役に立つという表現はわかりそうでわかりにくいあいまいな表現です。

「活躍の場を広げたい」

「業績を向上させたい」

などと、より具体的に述べるほうが好印象です。

 

「ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい」

近年ワーク・ライフ・バランスを転職の軸にしている方も多いかと思いますが、面接では禁句です。

「ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい」=「定時で帰りたい」

と考えられてしまいます。

転職したての時、就職したての時は新しい作業を覚えねばなりませんので、仕事に時間がかかることは当然です。

「ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい」といったとたん、「仕事は二番目の人」というレッテルを貼られてしまいます。

言い換えポイント

この言葉については言い換えポイントはありません。

内定をもらったのちに、「ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい」ということはいいのではないかと思います。

会社選びの時点で、ワーク・ライフ・バランスを大切にする会社を選ぶしか方法はございません。

 

まとめ

今回は面接にて一発アウトのNGワードについて解説しました。

  • 「コミュニケーション能力には自信があります」
  • 「人に感謝される仕事がしたい」
  • 「社会に役立つ仕事がしたい」
  • 「ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい」

これらの言葉は決して使わないよう、気を付けましょう。

エージェントさんの中には、面接の練習までしてくださるところが多くあります。

アクシスコンサルティングは、アクセンチュア・BIG4に強みを持つエージェンシーです。

3年をかけて採用から働くまで応援してくださいます。


ストラテジーブートキャンプでは、ケース面接を徹底的に特訓してくださいます。
そして、合格できなければ全額返金保証まであります…!



これからアクセンチュアの面接を受ける方の参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です