税理士資格のメリット

ねこころです。

 

先日無事転職活動が終了し、外資系コンサルティングファームへ内定をいただきました。

第二新卒の私にとって、未経験分野に対する転職は想像を絶するほど苦しいものでした。

しかし、税理士資格に助けられた部分がございましたので、今日はその気付きを書かせていただきます。

 

税理士資格のメリット

税理士資格は有利

結論からもうしますと、有利です。

税理士資格を持っていると、税理士法人に就職しやすいですとか、将来税理士として独立できるなどのメリットはございます。

今回は、そういったよく語られるメリットではなく、未経験への転職をした私ならではの経験を踏まえ、メリットを書かせていただきます。

税理士資格が有利である主な理由は以下の3つです。

  • 年齢に関係なく専門分野を持てる
  • 努力できる人という保証をしてくれる
  • 社内税理士・専門分野に強い人材への需要は高まっている

それぞれについて見ていきます。

年齢に関係なく専門分野を持てる

ねこころ的一番の理由がこちらです。

第二新卒のねこころにとって、評価されるものといったら学歴とポテンシャルというあやふやなものになってしまうのです。

そこで、税理士資格という国家資格が加わることで一気にレア感を高めることができるのです。

レアカードの法則

レアカードの法則とは、以下のようなものです。

  • 1つの物事を1万時間行うと、100人に1人の存在になれる
  • さらにあと1つを1万時間行うと、1/100×1/100→1万人に1人の存在になれる
  • さらにあと1つを1万時間行うと、1/100×1/100×1/100→100万人に1人の存在になれる

つまり、極める物事を増やせば増やすほどレアな人材になれるということです。

その話になぞらえると、税理士資格というカードを手にすることで、誰よりも早く、1枚目のカードを集めることが出来ます。

このことは、競争社会のなかで優位ではないでしょうか。


 

努力できる人という保証をしてくれる

税理士試験には、とても長い時間がかかります。

したがって、

税理士試験を潜り抜けた人=努力できる人

という保証をゲットできます。

税理士資格に限るお話ではないかもしれませんが。

 

税理士試験の大変さの知名度が低い問題

ただし、税理士試験が大変と知っている人は極一握りです…

悲しい…

税理士事務所では、

ねこころ

税法3科目1年で受かったのです(ドヤァ)

といえるのですが、税務以外の分野でドヤァ発言をしたところで

…へえ

面接官

と返ってくるのみなのです…

ねこころ

税理士試験の大変さはもっと広く知られるべきですね。

(安易に勉強をし始める人に気合いとエールも贈ることができます)

 

社内税理士・専門分野に強い人材への需要は高まっている

税理士資格を有している人の就職先は税理士事務所のみと思っている人は多いのではないでしょうか。

近年、企業において、税金への意識が増していることもあり、社内税理士・税理士資格保有者の求人が増えております

したがって、税理士試験を勉強した場合、税理士法人のみならず、様々な業界で働くチャンスをゲットできるのです。

 

まとめ

税理士資格を取るメリットとして以下の3つを挙げました。

  • 年齢に関係なく専門分野を持てる
  • 努力できる人という保証をしてくれる
  • 社内税理士・専門分野に強い人材への需要は高まっている

税理士資格を取ったからといい、税理士として働かねばならないということもございません。

税理士として独立をすることもできますし、税理士法人にて働くことも可能です。

税理士試験はとてもきついですが、取得することによるメリットもとても大きいものです。

社会人経験がまだまだ浅いねこころですら、メリットを感じておりますので、これからもっと多くのメリットを見つけることが出来ると思います。

あの時頑張ってよかったと皆が思える試験が税理士試験です。

皆さんにエールを…!

 

ねこころでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です